増税前 

思い出して、会社に私物を取りに。
学会で使った台車とか置いたままだった。



車で帰りにコーナンに寄ってから給油。
割引チケットあったから更に安く。プラスでティッシュもらった。

ささやかにうれしい。

再び高校野球観戦。 


報徳学園-沖縄尚学
ライトスタンド。

報徳学園負けた。うーん。残念。

Twitter 

昨日の3月21日はTwitterの誕生日だそうです。
2006年3月21日に、Twitterの共同創設者ジャック・ドーシーが初めてつぶやいたこの日を誕生日と定めているそうです。世界で最初のつぶやきは「just setting up my twttr」だそうです。

ちなみに僕は、2007年5月19日20時12分26秒 にアカウント登録。
これは世界で6,158,352人目にTwitterを始めたことになるそうです。

あ、前にも書いたことある。
ちょうど今日でTwitter歴2500日目になります。

ちなみに、これが僕の最初のつぶやき。



なんか自分らしい。笑

西宮うまいもん祭り 

今日は西宮うまいもん祭りに行ってきた。



今年で2回めですが、なかなか旨いもんが揃ってます。


牡蠣の酒蒸し、メッチャ旨い。


超でかいサモサ


沖縄料理のお店が何故かマレーシアカレー。しかしメッチャ旨い。

超ウマの2品。

ホルモン焼きうどん


スリランカカレー。

どっちも超旨い。

センバツ高校野球 

センバツ高校野球が始まりました。
これまで、高校野球は外野席でしか観たことなかったのですが、初めて内野席で開会式を見学。


一番高い中央内野席。


寒いけど、なかなか良かった。





清々しいですね。




甲子園球場は今年で90歳。
記念のキーホルダーをもらいました。

真ん中に甲子園の土が埋め込まれています。

酒は大関こころいき 

今日は大関の蔵開き。

一連の西宮市内の蔵開きイベントとしては最終となります。

大関は大手酒造メーカーなので有名ですね。
実は甲子園球場のとても近くにある蔵元なのです。

昔からこの大きな看板が目印。
僕は大関酒造の近くに保育園に通っていて、子供の頃はここまで保育園の散歩コースでした。
昔はもっとたくさんの酒造メーカーがあって、木造の蔵もたくさん残って、この辺りは蒸米の香りが漂っていたのを記憶しています。

酒蔵見学は先着25名だっていうし、ちょっとダメもとで会場へ。



予想以上にえらい盛り上がり。


10年分ぐらい玉すだれ観てしまった気がする。
そして最後は何故か六甲おろしも歌ってたり。


おでんや焼きそば、焼き鳥などのアテと日本酒が安く飲めました。
朝搾り生原酒って、ワインみたいな感じでしたよ。


寒かったのでおでんが最高でした。

大関の人とじゃんけんして勝ちました。

臨時の最終組で蔵見学です。


大関の寿蔵。
ここは大関の高級酒のほぼ全部を作っている蔵だそうです。


残念ながら中は撮影禁止。
見学ルートは無くて、おもいっきり製造ラインの見学だそうで、白衣と帽子をかぶり見学してきました。

先月観に行った寳娘は昔ながらって感じでしたが、大関は工場みたいになってるのかなって思ったら、意外と手がかかる作業ばかり。
できたての蒸米も味見させてもらいました。

最後に本当にしぼりたてを利酒。
できたてってちょっとスパークリングな感じなんです。驚きました。
子供の頃から見たかった大関の蔵の見学が出来てよかった。

酒は大関こころいき

Go to Edo 


13日から東京へ。

合併後、初めて向こうの人達とMeeting。
やっぱり全然違うなぁ。

・・・・・・

そして懇親会。
個々人はみんないい人だね。

2軒目、向こうのひとと。

教えてもらったお店すごいいい。


翌朝、豊洲でミーティング。
新しいことを始めようってことなんだけど、組織的に僕は大丈夫なんだろうか。

降格だし、そんなことできるのかなぁ。

Peachで松山 

ここのところ、連チャンで空港に行っていますが、いずれも違う空港です。
考えてみれば、関西圏には空港が3つもある空港過密地区です。



今朝は関西空港第二ターミナル。

先月、Peachで松山行きが就航。

メッチャ安く早く行けます。


神戸を越えたところで離陸体制が解除したので撮りました。神戸市内。


明石海峡大橋


瀬戸大橋

天気が良かったので景色最高です。


この日はちょっと寒かったのだけど、満開がみれましたよ。


お客様に紹介してもらったメロンパンの店。


外側サクサクで中がモッチモチ。
めちゃくちゃうまいメロンパン。


夕方まで幾つか打ち合わせ。
早めに終わったから道後温泉本館へ。



フライト時間が遅いので、これまたお客様から紹介してもらったお店へ。
大街道のボッチャーノ。



たしかにPizzaはなかなか旨かったです。

しばらく松山遠征は続きそうです。



こんぴらさん 

善通寺の訪問が早く終わったから隣の琴平へ。


ご飯だけ食べて次に移動しようと思ったけど、折角だから登ってみた。
一気に785段の階段。それもスーツで鞄も持って、淡々と黙々と。



虎。かっこええ。


最後の階段、かなり息が上がったけど、なんせ時間がない中で一気にあがったった。


讃岐富士がきれい。


黄色いと言うか金色のお守りを買い、一気に駆け下りる。




参道の虎屋さん ここでうどん。


店内の虎


しょうゆうどん。

薬味を全部入れて、醤油はまわすように2回。

急いで食べる。


そして商店街の平岡精肉店。

ここのコロッケは、マイ・ベスト オブ コロッケ



激ウマ!!!!


ついでにミンチカツも!
激ウマ!!


そして次の訪問先に行くのだ。


ここまで宣伝されると乗ってみたくなるよ。

ごちそうさんのリアリティ。 

今朝、ホテルでNHKニュースをつけながら身支度をしているといつの間にか「ごちそうさん」になってた。
「あまちゃん」はみてたんですが、「ごちそうさん」は最初の数回で観なくなり、泊まりの出張のときなどには観たのでもう話が飛び飛び。
め以子(杏)がいつの間にか関西弁になってるのは驚いた。

僕の母方の祖母も東京から嫁いで関西に来ました。
僕が知ってる祖母ももう完全に関西弁でしたので、同じ昭和の初めということで、ああ、こんなかんじだったんだなと思いました。

先日、Fasebookで地下鉄ネタを書いたところ、藤田さんから「なんとなく「ごちそうさん」ネタ」とコメントを頂いたんですが正直なんのことやらわからんかったんですね。
(すんません、友達以外は非公開)
http://goo.gl/HEbJo4

でも今日、ようやく判りました。
悠太郎(め以子のダンナ)は地下鉄1号線(御堂筋線)の建設に関わってたって話だったんですね。
今日の話では、大阪の空襲でめ以子の一家が避難中に地下鉄の駅に避難してそこで地下鉄で梅田方面に逃げたって話でした。

そんな空襲時にそもそも電車が動くのかと思ったら、どうも昭和20年3月の空数の際にあった実話が元になっているそうです。
実話と言っても公式なネタは無くて、ただ証言はたくさんある模様。

今日の回で地下鉄が登場してきました。
なんともリアルで驚きましたけど

あれって、昨年5月に大阪市役所前で展示してた御堂筋線の100形ですね。


なんと今回は本物使ったそうです!そりゃリアルなわけだ。

交通局のwebで掲載されてました。

って、だいぶ鉄ちゃんですな。こりゃ。

杏さんの実父の渡辺謙といえば、大の阪神タイガースファン。
昨年は杏さんも甲子園球場で始球式してました。(実際に観ました。 笑)

統合合併って。 

約16年間勤務してきた会社が、統合合併に伴い昨日をもって消滅し、今日から新しい会社としてスタートしました。

昨日は業務終了後、送別会。
いろんな人と話して、いろんな思い出話をして。
その後は朝まで飲んだ。



新しい会社は僕にとって4つめの会社になります。
自らの転職は最初の1度だけで、あとは会社の都合で変わったんですが、この会社には勤続16年でした。
設立された1997年の1年後の98年、当時勤務していた会社の事業部門の提携から転籍。
30歳で入社して、人生でも一番いい時期をこの会社で過ごしたのだなぁと感じています。

いい会社でとても大好きでした。
書ききれない思い出がいっぱいあります。

当時、ベンチャー企業から転籍した僕にとって、大企業から分離して設立された会社は、大企業の後ろ盾を持ち、ベンチャーの危うさ・不安などの心配がなく、大企業の文化やしきたりを残しつつ、そこから脱却して自由にやっていこうという空気があり、いい会社だと感じていました。
当時社長の長尾多一郎さんの想いがいっぱい詰まった会社。
僕にとっても、やりたいことをやれる、それが楽しかった。
そして様々な経験をしました。

ベンチャー企業では成し得なかった株式公開。本当にあの時は一生懸命だった。
インセンティブ制のあった時は、驚く額のインセンティブを貰ったことも。
東京証券取引所2部上場、その後所1部指定替え。
ストック・オプションはギリギリ貰えなかったけど、それでも持ち株の売却益で好きな車を買ったりヨーロッパに行ったり。
想像出来ないバブルな時期も過ごせたこともありました。
そして、仕事をしつつ、大学院に入学し修士課程を修了させてもらったことは、会社と職場の懐の深さには今でも本当に感謝。

当時、よくお客さんから「マークスさんってどの人も楽しそう。好きなんだろうね。この仕事が。だから信用してるんんだよ」って言われました。
そういってくれるところがたくさんあったんですよ。本当に。
お客さんの中にはウチの株を買ってくれてた人が何人もいました。

その後、今の企業グループへの株式公開買付け(TOB)と、その直前に発覚した循環取引事件から監理ポスト入りから債務超過により、東京証券取引所2部指定替え。
この頃、毎日取引先に事情説明にまわり、本当に本当に辛かった。
築き上げた信頼が崩れるのは一瞬なんだなって、あの時は実感した。
そして多くの優秀な仲間が去り、仲間の流出の引き止めや顧客への信頼回復をどうするか、毎晩毎晩職場の仲間と飲み明かしながら真剣に話し合ってました。

2010年に上場廃止。親会社の完全子会社化。

株式公開から2部-1部上場、TOBされて監理ポスト入り、債務超過で2部替え、上場廃止で最後は吸収合併。
同じ会社でこれだけいろんな事を経験するって、サラリーマンでまぁ滅多に無いことですよね。

僕が今まで会社に残ったのは、我々を信用してくれているお客さんや仲間に、もう一度築き上げていい会社にしたいと思ったから。



We are here on customers' side.
会社が掲げてきたスローガン。
ずっとダサいなって思いつつ、でもそのうち、確かにこの言葉の意味が自分たち想いなのだと感じるようになった。

時々、このBRANDBOOKをひらいて自分が何をすべきかを確認してきた。ここに書かれていることが心の支えであり、仕事に対する信条、原点。


この冊子の中で書かれている約束事。

そうなのだ。

合併先の会社とは生い立ちも文化も違う。
だからお互いいろんな摩擦もあるだろう。
でも、この信条はこれからも生きていく。

これからどうするにしても、この16年間の経験はきっと良かったと思えるはず。
ネットマークス、ありがとう。