6/5 - 7 韓国 ソウル。 

1年半ぶりのソウル。今回は関空から金浦空港のルート。
大まかな旅程は、、
6/5
金浦空港からタクシーでホテルへ。その後、南大門周辺から明洞、免税店など散策。
6/6
徳寿宮を見学。地下鉄で弘大へ。その後、地下鉄で広蔵市場、鍾路、仁寺洞を散策。その後家族と別行動。ウニョングン、西大門独立公園、光化門、清渓川を散策。免税店で家族と合流。その後明洞で夕食と買い物。
6/7
小公粥家で粥を食べ、少し買い物に出た後に金浦空港へ移動→帰国。
ソウルは関空から1.5時間ほど。帰りの飛行機は1時間15分で着きました。ほんと、国内旅行と遜色なく楽しめますね。


【金浦空港】
金浦を利用するのは初めて。

ソウル市内に近いせいもあり、着陸直前にソウルの街が一望できます。いつも仁川経由だったので新鮮です。
金浦空港。やっぱり便利。ソウルとのアクセスが楽ですね。
ところで金浦、古い空港ですが中にショッピングモールと映画館がありました。

驚きます。ただしこのモールはそれほど高級ブランドがあるわけでもなく、買い物狙いの人はやっぱりインチョンがいいかも。
往路はアクセスの便利な金浦、復路は便数と免税店が充実している仁川を使うのがいいかもね。

【地下鉄のIC化】
5月から、ソウルの地下鉄は従来の切符からICカード型の切符になりました。このカード、リチャージができず、回収型です。
 
回収の際、専用の機械に通したらデポジットが返却されるわけですが、、、、これって不便。
ICカードは以前からありました。青いのはそれで、以前から僕が持っているもの。
これはICOCAと同じようにチャージして使うタイプです。

【ソウルは工事ラッシュ】
初めて2002年に初めて訪問した頃に比べ、今のソウルは相当変わりました。
数年前、清渓川を復活させたわけですが、これで終わりではなかったのですね。

とにかく、ソウルはあちらこちらで工事をやってます。

2008年2月に放火された南大門も再建工事中。現在は周辺の発掘工事をしてました。
再建されるのは2012年12月頃だそうです。


景福宮の光化門再現工事は今年一杯で終るらしいです。


・・・・・仁寺洞。
今でも趣のあるところなんですが、、かなり綺麗にしてますね。


・・・・・ソウル市庁。
光化門あたりにあった総督府庁舎同様、ソウル市庁舎も日本の植民地時代の建物。
全体的に当時の建物は排除されていっている感じがします。


・・・・・西大門も。
この周辺は抗日のシンボルが多いです。整備し、モニュメントも作るようです。


・・・・・新しいソウルの完成形がみれるのはあと2~3年先でしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kauai123.blog4.fc2.com/tb.php/2693-9eefc448