Unified Communicationと雨粒の関係。 

日曜日の夕方ごろから大阪は雨でした。
いろいろあって土曜日の夜に家を抜け出して日曜日はずっと事務所に居たんですけど、夜帰るときに雨が振ってきてあわてて地下街の入り口まで走りました。
真っ暗な夜にビルのライトアップの照明が振ってきた大粒の雨粒が立体的に、少しスローモーション気味に落ちてくるのが見えました。



Mozillaが公開した「Raindrop」。
さまざまなメッセージが一元的に受信してみれることが出来るそうです。
さらに重要なメッセージをありきたりのメッセージから選別する能力を組み込むことを目指しているらしい。

なんて便利なんだ。


確かに僕も、仕事とプライベートで持っているメールアドレスが携帯電話も含めて5つほど。さらにMIXIのようなSNSのメッセージ、Twitter、Skype、インスタントメッセージ、携帯のMMS/SMSなどなど、、、まさに日曜日のあの雨のように振ってきて受け止めています。

余談ですが、電話番号だって自宅や携帯電話2台、事務所の直通番号を含めると常時4つも持っているわけで、長らく企業向けに"Unified Communication"の提案をしておきながら自分がさまざまな情報手段を"Unified"せずにずぶ濡れになってます。

確かに、最近ちょっとどうしようか悩んでいたところです。
考えると最近はメールやIMをフル活用しています。こういうのが一元的に纏められたらなって思うのはおそらく僕だけではなかったはず。

もしかしたらこういうツールがiPhoneで使えたら少しはボタンの数も減るかな。


Mozilla Raindrop


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kauai123.blog4.fc2.com/tb.php/2838-d2efe0e2