食事について 

いつも旅行にいくと食べ物がいい加減になりがち。
それに比べて今回は食べ物がよかった。
まぁ、義父母もいるしね。
いつものようないい加減なものばかりではよくないので。

前回書いた通り、往復のKLMの食事は美味しかったし、旅先の食べ物も比較的よかった。

イギリスは物価が高いって印象があるけど、それはロンドンだけ。地方都市はそれなりに安いです。
東京は高いけど大阪や九州は同じかというとそうじゃないのと同じ。

印象的なのはヨークのホテルのそばにあったお店。


イタリアンと思いきや、店の人には地中海料理ですと言われながら。
でもパスタとピザがメニューのメインだったよ。


パンの入ったマッシュルームのクリームスープは濃厚・クリーミー。


家族が頼んだ本日のスープはトマトでした。


スモークドチキンとハムのパスタ。ハムの味とチキンの香ばしさが最高。


娘の食べてた子羊のフィレ。僕は食べてないよ。


カミさんが食べてたサーモン。肉厚。


ティラミス。


この店のホームメードブリュレ。これ、最高でした。

グラスワイン飲んだりして、5人で50ポンドぐらいだったよ。
安くない??

お次はヨークからロンドンに向かう列車の中で食べたフィッシュ&チップス。

サラダがついてるのがよかった。


こっちはサーモンサラダ。
まぁ、列車のなかだからだけど、まぁ1品あたり1000円はしなかったと思う。

TVでやってたけど、巷は「かるい鉄道ファン」ブームだそうだ。
日本でも食堂車とか、グリーン車を使ってグルメな食事とかを使ったツアー企画とかしたらもっと集客できる気がするけどね。

ロンドンは高かったけど、大英博物館の中のレストラン。なかなか良いです。


サーモンのリゾット。チーズ最高です。


トマトとクリームソースのラビオリ。ラビオリ自体がいいんです。


これ、シーザーサラダ。出てきた時ちょっとびっくりしたけど、要は野菜が巻いてあるの。
ザクザク切れば見慣れたサラダになりそうだったけど、ちょっと上品に。



そうそう。ハロッズの食料品の売場に喫茶ルームがあってそこでアフタヌーンティーをしました。
よくある2階建てのお皿じゃなくって、トレーだったけど、お茶にスコーン。スコーンはクロテットクリームとジャムで食べるんですが、ここのクロテットクリームがとっても美味しかった。


その他、写真はないけど、中華もよかったですよ。
マンチェスターでは2品選べて1人10ポンドとかって店。量が多すぎだったけど、レモンチキンはよかったよ。
ロンドンでは、メニューに無かったけど粥を頼めば出してくれました。前もそうだったけど。
オイスターのん。旨かったよ。あとクリスピーな焼きそば。意外にヒットだった。

イギリスは美味しくないってよく言われるけど、けっしてそうでもないよ。
やっぱりアメリカと違ってヨーロッパって食べ物美味しいのかなぁ。