東日本大震災から1年。 

あの日から1年。
なんだか、そんなに経ったのかなって思います。

あの日僕は神戸にいて、ビルの中でも揺れを感じました。
あの瞬間は、まさか東北でこんなことが起きているとも知らず、その後の訪問先の打ち合わせの中で津波の被害を知りました。

2011年3月11日14時46分18秒、日本の観測史上最大の規模、マグニチュード (Mw) 9.0を記録し、岩手県から茨城県にかけた広範囲で被災。地震に加え、波高10m以上、最大遡上高40.0mにも上る大津波の影響で現時点で発表されている死亡者は15,854人、行方不明者は3,155人と想像絶する被害がでました。そして、343,935人の方が今も避難生活を続けて居られます。
阪神・淡路大震災では死亡者は6,434人、行方不明者は3人ということですから、その倍以上の犠牲が伴うものでした。
無論、数字の問題では無く、どちらも甚大な被害だった事には変わらないですが。

原子力発電所の事故で目に見えない放射能の影響など、大きな大きな影響が被災地を中心に日本全体に影響した大きな出来事です。

今もなお、不自由な状況の中で復興に向けて頑張っている皆さん。
頑張ってください。