10年ぶり。 


22日からのこの連休、台北に行っていました。
台湾は丁度10年ぶり。
10年前に台北に行ったとき、僕はそう思わなかったけど、家族みんなはあまり綺麗なイメージをもたなかった様子で、しばらく行きたくないって話で。
その間にやたら韓国にはいっぱい行ってたんですが。
7年前に父が他界したあと、母が父と一緒に行った先にもう一度行きたいと、台湾には行ってなかったのでいく事にしました。

丁度秋からピーチも就航したし。
ピーチは楽桃。

友人から台北は綺麗だと聞いてて、10年前のイメージとは違ったのですが、今回行ってみて意味がわかりました。
確かに綺麗。

桃園空港からはシャトルバス経由で桃園駅まで行き、そこからは台湾高鐵(台湾新幹線)に乗りました。
新幹線700系をベースに日本で作った車両だけに、基本的には日本の新幹線とおんなじ感じ。


ピーチは早朝と夜の便なので充分遊べます。
チェックインがまだ出来なかったので一旦ホテルに荷物を置き、そこから幾つかを回ることに。
秋から母の足が悪くなり、タクシーを駆使。台湾はタクシー安いから家族4人だったら完全に早くて安いんです。

ホテルの近くの忠烈祠に行くとちょうど衛兵交代の時間バッチリでした。

その後、台湾101へ。

生憎天気が悪かったから外の景色全然。


それから龍山寺へ。
到着したらここもちょうどみんなでお参りの時間のようで、地元の人がたくさん集まってお経を唱えていました。
なんだかメロディがあって、癒しな感じ。

僕らも線香を買って中国式にお参りしました。

今回唯一、母の希望でホテルだけは贅沢。

圓山飯店に泊まりました。

予約するなら絶対シティービュー側ということで取ったのですが、今回運良く、角部屋のスィートの部屋に
。でも、おそらく自宅の2倍ぐらいの広さ。広すぎ。

ホテルの中の点心が有名なお店で夕食。

イチオシの餃子。でもここのチャーハンがめっちゃうまかったんだけどね。


夕食後、近くの士林夜市へ。

昔あった駅前の美食街はなくなって新しいところに移転されてました。

なんだか昔の屋台街のようで、活気があるし怪しいものもいっぱいあるし、楽しいですね。