ダイビル本館の建替完了。グランドオープン。 


ダイビル本館が7月6日にグランドオープンしました。

ようやく新たなダイビル本館が完成ですね。

僕の勤め先が2009年に隣の中之島ダイビル完成に越してきて、その時はまだ旧ダイビル本館でした。

旧ダイビル本館と中之島ダイビル、関電ビル。


旧ビルの「鷲と少女の像」


旧ビル1階部分

昔からの煉瓦の壁で、装飾も手の凝った見事なもので趣のあるビルだけに、取り壊しの時は寂しい思いでした。

今回、煉瓦は旧ビル解体時に約18万個を手作業で取り外し、当ビルの外装材として北面・西面の95%以上に再利用したそうです。
中央玄関上の「鷲と少女の像」や、石彫刻や石柱も同様に手壊しし、再利用されています。


建築中はどうなるかなぁと毎日みてましたが、


外装が現れた時はちょっと嬉しくなって来ました。



立て替えられた新しいダイビル本館は昔の姿を再現しつつ、現代的なものも取り入れていて、素敵なビルに生まれ変われました。
新しいダイビル本館は旧ダイビル新館側に寄っているので、正確には全く同じ位置ではありません。
(分かる人少ないしどうでもいいですけどね。)
外装だけでなく、中の商業施設もかなり大人なお店をセレクト。ちょっとおしゃれでかっこいいビルになりましたね。
ダイビルさんのランドマークだから気合が入っています。


旧ダイビル本館の古い写真




エントランスもなかなか凝ってます。昔のイメージを再現してます。

旧ダイビル本館のエントランス


新しいダイビル本館のエントランス


解体から完成まで3年ぐらいかかってます。
大阪でもビルの建築、建替が増えてますね。
そもそもビルの建替って、どうなってるんでしょう。
今回、ダイビル建替をオフィスの窓からずっと観察してました。

こうやってみると面白いですね。
スマホなどからは自動表示できないかも。その場合は下のリンクからどうぞ。

建替写真の一覧ページ

ダイビル特設ページ