しおかぜと妨害電波 

さっき家に帰り着いてTVをつけた。
ニュースを見てたら、特定失踪者問題調査会が運営している北朝鮮向け短波ラジオ放送が今月に入って北朝鮮からの妨害電波を受けているというのをやっていた。

実際に妨害電波も番組で流していたが、放送が始まると妨害も始まり、終ると妨害も終るという、極めて人為的なもの。
この放送、特定失踪者問題調査会のwebの中でサンプルが聞けるようになっています。オープニングや、横田めぐみさんなどの部分が聞けます。

政府も北朝鮮の妨害と認定したそうです。まったく、えげつない連中ですな。


子供のころ、親に隠れて深夜放送を聴いていたら、朝鮮語の読み上げ放送がよく聞こえてきていた。不気味なノイズ音と共に坦々と何かを読み上げていく放送。

近年これが工作員向けの暗号放送であることが判るわけだけど。当時も友達の間では「スパイ暗号」ともっぱらのウワサがたっていた。子供のほうが感がいいですね。


さて、明日もやる事てんこ盛り。どうやることやら。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kauai123.blog4.fc2.com/tb.php/488-362215fc